わが家の庭(46)
  またまた異変が!
 赤い曼殊沙華の庭に 白い曼殊沙華が一本出現。



  1
   白い曼殊沙華



   曼殊沙華のするどき象(かたち)夢に見し
  うちくだかれて秋ゆきぬべし
                   坪野哲久



 曼殊沙華(まんじゅしゃげ)の咲く時期になると、私は いつもこの歌を口ずさみます。
 曼殊沙華は1年のうちに咲く花のなかでも、とりわけ好きな花のひとつです。

 2
  赤い曼殊沙華

 3
  夕方の曼殊沙華


 そこで私は、数年前に庭師さんから曼殊沙華の球根をわけてもらい、庭の隅に植えました。

 年を経るうちに曼殊沙華は増え続け、元の株から、まるで飛び火するように4~5ヶ所に1本、2本と増えました。

 4
  元の株から飛び火したように あちこち咲いている

 5

 6
  曼殊沙華のつぼみ


 曼殊沙華は球根で増えるものである などとネットには出ていますが、私は、そうは思いません。
 現に わが家の庭では、球根など植えていないところに曼殊沙華がすっくと立ち上がって、するどい赤い花を咲かせています。


 ところが、ところが、今年になって、たった1本、白い曼殊沙華が咲いたのです。
 もちろん 白い曼殊沙華の花の球根など植えていません。

 1

 さらに、わが家のあたりの空地などには、赤い曼殊沙華も、白い曼殊沙華も1本も咲いていませんから、よそから風に乗ってやって来たとも思えません。

 前述したように、私が赤い曼殊沙華の球根を求めてきて、私が植えたから、わが家の庭に その翌年から 花が咲き始めたということなのです。


 曼殊沙華は仏典では、「天上の華」とされているということですから、私は、まるで天上から降り立ったかのような わが家の白い曼殊沙華は やはり “吉兆” と見るべきと思っています(笑)。

 ネットでは『彼岸花』の項に以下のように出ています。



  別名「曼殊沙華」“天上の花”という意味。
  おめでたい事が起こる兆しに、 赤い花が天からふってくるという
  仏教の経典による。





--- この間に わが家の庭に咲いた花などを撮ってみました。

 7
  返り咲きの木瓜(ぼけ)の花と瓜のような実

 8
  咲き残っている槿(むくげ)

 9
  槿(むくげ)

 10
  ゆずの実

 11
  名前のわからない実

 12
  庭の番 シーサー

 13
  また出てきた ”美しすぎる” きのこ

 14
  咲き残っている アベリア

 15
  咲き残った バラ

 16
  白い槿(むくげ)と 名前のわからない実

 17
  ヤブラン

 18
  門外のすずなりの銀杏

 19
  かりんの実

 20
   百日紅(さるすべり)




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


わが家の庭(45)
 異変! 雨天続きで
   いろんなきのこが にょきにょき



 1
  美しい? きのこ


 雨ばかりの日が続き、ふと 気がついたら、
 もう きのこが あちこちに出ています。

 しかも、いくつかの種類で。

 まだ お盆前なのに もう きのこの季節なのでしょうか?


 きのこの写真と、今咲いている花の写真を掲出します。
 



 2
  点々と

 3
  まばらに

 4
  こんな きのこも

 5
  こんなのも

 6
  こんな黒いのも

 8
  こんなのも

 7
  こんなのも

 9
  雨の庭には やっぱり あじさい

 10
  くちなしの花

 11
  バラ

 12
  紅白のキョウチクトウ

 13
  柏葉紫陽花 (カシワバアジサイ)

 14
  南天 (ナンテン)

 15
  アベリア

 16
  金糸梅 (キンシバイ)

 17
  ボタンクサギ

 18
  オニユリ

 19
  たった一輪咲いたカノコユリは 花瓶に生けられた

 20
  これは白い槿(むくげ) ‥画面をクリックするとはっきり見えます・・



  

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


私の食事風景(29)
 かくも長き コロナ下における“家飲み”期間。 はや連続100日!


 1
  毎日 こんなふうに一人 晩酌です


 数えて見れば、もう連続100日間も 飲み会に出ていません。

 今までは 逆に飲み会などに出ない日が、週に1日か2日、または0日でした。
 ここ最近は、飲み屋さんにも行かず、タクシーにも乗らず、運転代行車も頼まず、
こんな日がもう100日も連続して続いています。

 私の “会社員人生” では 初めてのことです。


 もう いつも 家内が用意してくれる料理で 一人晩酌の “家飲み” です。

 2
  
 毎日がコロナ自粛で自宅待機です。
 でも 私は、実はそれを嫌っているわけではありません。
 なぜなら、私が望んで建てた家であり、好んで作った庭ですから、毎日眺めていても飽きることはありません。

 私は毎夕 離れの私の部屋で、一人で庭を眺めて酒を飲みながら夕食をとっています。
 結構良い気分です(笑)

 それにしても 早くコロナが収束して みなさん 安心できる日々が来ることを 願わずにはいられません。

---- 
この間に わが家の庭に咲いた 花々を撮ってみました。

 3
  ハナミズキ(白)

 4
  ハナミズキ(赤)  

 6
  リラの花

 7
  ぼたん(赤)

 8
  ぼたん(ピンク)

 9
  傘さし ぼたん(ピンク)

 10
  傘さし ぼたん(赤)

 11
  名前のわからない花

 12
  バラ

 13
  コデマリの花

 14
  サツキ

 15
  石の上に生えたコケも風情があります

 16
  サツキ

 17
  名前のわからない花

 18
  名前のわからない花

 19
  ずくなしの花(タニウツギ)のつぼみ

 20
  シャクヤクのつぼみ

 21
  紫蘭(シラン)

 22
  マロニエ

 23
  名前のわからない花

 24
  ヤマボウシ

 25
  スズラン




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


世界物語(68)
バンコク観光の一番の感動は やはり『暁(あかつき)の寺』

 ②
  チャオプラヤ川から見た『暁の寺』
  ※すべての写真は、クリックして大きく見ると とても感動的です

 バンコクに何回か行っても、やはり また行ってみたいと思い 行ってしまうのが『暁の寺』です。
 その姿は神々しくもあり、熱暑の この地の濃密な文化と歴史を感じさせて、仰ぎ見る時 崇高さと荘厳さにうたれます。 その名前の由来は いろいろあるようですが、一番わかりやすい説明は、その所在の位置にあります。

 バンコクの中心部の真ん中には 南北にチャオプラヤ川が流れていますが、この『暁の寺』は、この川の右岸、つまり西側の岸に沿うようにして建っていますから、早暁(そうぎょう:明け方)、朝日が差し始めると 東側の対岸からは 川を隔てて水面に浮きたつように 光を受けて、いくつもの塔からなる寺院の全容を現します。
 仏教に帰依(きえ:信じてその力にすがること)していて、毎日未明に起きて 真っ先に、早朝の托鉢(たくはつ)に回る僧侶たちに 喜捨(きしゃ:進んで金品を寄付すること)するための食物を用意するという この国の人々には敬仰(けいぎょう:敬い仰ぐこと)の対象となっていたことでしょう。

 ところで『暁の寺』というと、三島由紀夫の同名の小説をすぐに思い浮かべます。 三島の最後の作品となった、《豊饒の海》(ほうじょう:穀物が実り豊かなこと) 4部作、「春の雪」「奔馬」(ほんば:勢いよく走る馬。あばれ馬)「暁の寺」「天人五衰」(てんにんごすい:天人が死ぬ前に その身体に現れるという五つの兆しのこと) は有名ですが、その3作目「暁の寺」のモデルになったものです。
 ちなみに この4部作は それぞれの主人公が〝輪廻転生″(りんねてんしょう)によって 生まれ変わるという構成になっていますから、戦後の合理主義的な教育を受けて育った 当時の若者の一人であった私には 不可解な〝謎″を感じさせる小説でした。
三島は《豊饒の海》の取材旅行を1967年(昭和42年)に行い、その時に この「暁の寺」にも行っています。
 私はこの4部作が出版されると さっそく買って読みました。当時20代前半だった私には、三島の文章は少し難解でした。 その『暁の寺』の下(くだ)りを少し転用して書くと次のようなものです。

    一層一層が幾重の夢、幾重の期待、
    幾重の祈りで押し潰されながら、
    なお累積し累積して、
    空へ向かって躙(にじ)り寄って成した
    極彩色の塔。
           ―― 三島由紀夫『暁の寺』より

 2
 三島由紀夫 《豊饒の海》 4部作のうち 「春の雪」「暁の寺」「天人五衰」 です。「奔馬」は紛失したようです。

 
 どうです。 難しそうでしょう(笑)
 
 ついでに 三島の最後のことを書くと、彼は昭和45年(1970年)11月25日 東京の陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をして果てました。(この日は この4部作の最終巻「天人五衰」が出版社への入稿日であったとのことです) その死の衝撃は多大なものでした。 それを報道した、地元誌 新潟日報の紙面には大きく、≪憂国の作家 狂乱の死≫とあったのを、私は今も覚えているほどです。

 さて、バンコク観光に話を戻しますと、『暁の寺』はチャオプラヤ川の対岸から、①早朝の日の出の眺望と ②夕方から夕闇にかけて、沈みゆく姿と ③夜ライトアップされて建つ、 ナイトクルーズ船からの眺め が三大ポイントになっているようです。

 私が初めてバンコク旅行したのは、三島の取材旅行の6年後、三島の死から3年後ということになります。
発展途上であった その頃の時代が、タイにしても日本にしても そして私にしても 今なお 懐かしく思い出されます。

 1
  【地球旅行 Thailandより】 沈む夕日を背にしたシルエット

 3
  船着き場から見たところ

 4
  混雑していました

 5
  いよいよ内部に入って行きます

 6
  内部から見上げたところ

 7
  模様は陶器の破片です

 8
    

 9
    

 10
    

 11
    

 12
  木が1本ありました。何という花の木でしょう。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


わが家の庭(44)
    桜花に異変。 落花 椿のごとし。


  ①

 なんとまあ、今年の春は 喜ばれもせず いつの間に来ていたものでしょうか。
 私はずっと コロナ禍で春の花々に心がいきませんでした。
 
 ようやく、この日曜日になって、久しぶりの天気の良さに 庭に降り立ち あたりを見まわせば、小寒い朝の空気に 咲くべき花は咲いているようです。

 しかし、異変があります。 
 花の盛りのうちから 桜の花が次々と散って 地面に敷いているのです。

 この原因は、名前はわかりませんが ツグミのような鳥が 数十羽も黒い網のようになって、わが家の門前にある桜の大樹に 襲(おそ)って来て、桜の花を食い散らしているのです。
 そのため桜は 花びらとして散らずに、椿のように花のまま散っています。

  1
  椿のように花のまま散っています
   ※すべての写真は、クリックすると 大きく ハッキリ見えます

  2
  たくさん もったいないくらいに散っています


 このギャングのような鳥どもは、乱暴、粗暴で花の蜜を吸う時に、花の咢(がく)を残したまま、花柄(かへい)を折っているようです。
 それでなくとも 桜花の命は儚(はかな)いのに、生きた首のまま折られ落とされるのは、まことに気の毒でかわいそうです。


 その他の庭の花々も写真に撮ってみました。

  3
   木瓜(ボケ)

  4
   雪椿

  5
   すいせん

  6
   こぶし

  7
   藪椿(やぶつばき) 

  8
   沈丁花(じんちょうげ)

  9
   名前のわからない花

  10
   雪柳(ゆきやなぎ)

  11
   連翹(れんぎょう)

  12
   名前のわからない花

  13
   白木蓮(はくもくれん)

  14
   和しゃくなげ

  15
   黄すいせん

  16
   かりんの蕾 

  17
   白椿

  18
   名前のわからない花

  19
   木蓮(もくれん)
 
  ②
   

 

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp