上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


名言至言(11)
 『学規』 “孤高独秀の歌人”
   ・・・ 会津 八一 (あいづ やいち)



  会津八一-1
   会津 八一(あいづ やいち)  ちょっと近寄り難い・・・。


 今から50年ほど前、私が高校生の頃 地元の新聞 新潟日報で、当時 新潟県出身で、各界で全国的に活躍している著名人100人を特集して紹介した「越佐人物記」(この名称は、今、 定かではありませんが)こんな連載記事が100日に渡って掲載されました。

 当時の私に特に印象に残ったのが、“孤高独秀の歌人”と題された会津八一の人物記事でした。

 会津八一は、越後新潟に生を受けて若い頃より厳しいほどに身を律し、ついに“前人未到”と言って良いほどの学識・芸術の域をつくりました。(特に歌人としては)
 秋艸道人(しゅうそうどうじん)は雅号。

 私が説明するより、一般的な会津八一の人物関係の記事を出しておきます。
  「Wikipediaより引用」  https://ja.wikipedia.org/wiki/会津八一


 その人となりは、自らを“傲岸不遜”(ごうがんふそん)と称したというほどで、一見しても とても気むずかしそうで 恐く近寄りがたい存在であったそうです。
 しかし、門下生たちに与えたとされる、また自らは自分を警(いまし)めるものと言う、学究生活の指針 『学規』が有名です。
 私が今読むと自らの厳しさの中に、実は人間の本質に対してとても優しい心づかいを内包した人物であったと思えるのです。


 005-2.jpg
  私の執務室の机の背後の壁には この 『学規』 が掲げられてあります

 学規とは-1
  どこからか『学規』の解説文が出てきてありましたので掲出しておきます
   【写真をクリックすると 大きく見ることができます】

 

 
 このような“巨人”が先輩として新潟にいたことに、私はとても誇りを感じます。

   1-1.jpg
    これは 会津八一記念館 が出版した本です


   2-1.jpg
    きびしい “学究の人”


   3-1.jpg
    笑顔は “豪放磊落(ごうほうらいらく)”・・・。

 
 次回は“孤高独秀”の域に達した歌人 会津八一 の作品を紹介してみたいと思います。 




スポンサーサイト

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


わが家の・・(39)
  わが家の庭に美しすぎる キノコが?? 



 晩夏から初秋へ あっという間に庭の様相が変わりました。
 
 今年の大きな異変は、こんな異様なキノコが出たことです。
 毎年なにかの種類のキノコが出ていましたが、今年は妖しいカラー版です。

  013-1.jpg
   

  014-1.jpg
   

  041-1.jpg
   美しい? キノコ

  IMG_0630-3.jpg
   お花のようにきれい

  IMG_0631-1.jpg
   あちこち2~3個くらいづつ

  
 
 今夏は猛暑であったせいか、小さな花になってしまった曼珠沙華、そのほかの花も少し精彩に欠けます。

  040-1.jpg
   やせた曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

  021-1_20180921133805d3a.jpg
   残り 白木槿(しろむくげ)

  IMG_0643-1.jpg
   実らず落ちた銀杏

  024-1.jpg
   残り バラ

  IMG_0638-1.jpg
   百日紅(さるすべり)も終わりに

  IMG_0644-1.jpg
   力のない木槿(むくげ)

  016-1_20180921133805182.jpg
   早や 落葉が降り初む・・

  
 そんな秋さぶ庭にあって 沖縄生まれのシーサーは地面にいて、我こそはとでも言うように 夏バテもせず根気強く入口の方を見張っています。


  IMG_0641-1.jpg
   シーサー

  IMG_0642-1.jpg

  018-1.jpg

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


私の食事風景(27)
  東京高層ホテルで夜景を見ながら
    至福の晩酌タイム




 私は、時々 東京に出張することがあります。

 その際に宿泊するホテルは だいたい決まっています。東京駅に隣接した高層のホテルです。


 IMG_0550-1_20180908084422640.jpg
 部屋の窓から見た夜景です

 IMG_0557-1.jpg
 向こうは有楽町方面です。 下にあるのは東京駅ホームの屋根です。

 
 夕食は、外に食べに出ることが面倒くさくなってきて、1人でホテルの部屋でお酒と料理を買って来て、自分1人で自由にリラックスして、それこそパンツとTシャツ姿で食べます。


 誰もいませんから とても寛ぎます。 天国の時間です。


 料理は、これも東京駅に隣接したデパ地下で、なんでも揃います。今日は、デパ地下の おつまみセットとお刺身の盛り合わせです。

 IMG_0536-1.jpg
 左がおつまみセット 右が刺身盛り合わせ

 IMG_0538-1.jpg
 どうです。立派な美味しそうな夕食でしょう


 缶ビール1本と日本酒のワンカップが3個です。
 その時の気分でお酒を増やしたり、減らしたりします。
 
 シャワーを済ませ 高層の夜景を見ながら、テレビもつけて、自分のペースで飲んだり、食べたりです。

 ホテルの洗面台にお湯を100%にして、ワンカップを浸してお燗をとります。(最高のお燗になります)


 IMG_0545-1.jpg
 お湯100%でお燗しています

 とってもいいでしょう(笑)



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


世界物語(65)
 ハワイのチップ事情。チップの渡し方3原則って知っていますか?

 342-3.jpg

 日本には通常としてチップの制度や慣習がありません。
 そこで海外旅行に出た時などには 普通の人には困った問題であり、渡すのを つい忘れてしまったりしてしまいます。

 一方、その国に働いている人にとっては重要な収入源なのだそうです。
 例えば、レストランなどでメイドとして働く人にとっては、基本的な給料が低く設定されているため、チップは大事な収入の一部だそうです。

 外国のレストランなどに入ろうとすると 必ず案内人(これをホスト、ホステスと言うそうです)にテーブルに案内してもらってから席に着きます。

 実は、ここから“チップ”が考慮されているようです。
 料理を運んだり、オーダーを取ったりする給仕、メイドさん、ボーイさんには その日の担当のいくつかのテーブルが決まっていて、そのテーブルからのチップの“あがり”が個人の収入になるのだそうです。

 ですから、勝手に他のテーブル担当のメイドさんに注文をしたり してはいけないという事です。
さて、このようなお店に限らず、何かのサービスを受けた時にはチップが必要になり それを渡そうとする時、注意すべき原則があるようです。

 そのポイントは、
   ①すばやく、その場でその人に。
   ②人目につかないようにそっと。
   ③少額を。

 チップは、やむを得ない時を除いては、必ず紙幣で渡すのだそうです。ですから常に少額の紙幣を財布とは別のところに忍ばせて置くのだそうです。わざわざ おもむろに財布を取り出して、そこから払うなど興ざめだと言います。

 しかし、当然 常識としては、もらう側が要求するようなことがあってはいけないというものになるでしょう。
 
 ところがハワイでは、よほどの事情があると見えて、大抵の勘定書き(レシート)には、必ず書いてあります。
 皆さんも見たことがあるでしょう

 359-3.jpg
 赤線は私が入れました


 さて、ハワイでの滞在中 家内が買い物に出かけたので 私は1人でレストランのテラスでゆっくりとワイキキのムードに浸りながら、冷たいビールを飲むことにしました。

 373-2.jpg
 古い木の根っこのオブジェ

 383-2.jpg
 照りつける太陽

 344-2.jpg
 ビールを頼むと 最初にこれだけのポテトチップスが出されます

 ビールは瓶で、1本10ドルです。それを暇にまかせて、ゆっくりと時間をかけて2本飲んでいました。
 
 すると私の席付きのボーイがやって来て言います。
 「私は、この時間(午後1時)までなので、一旦ここで代金を精算してくださいませんか。もちろんお客様は そのままこの席で寛いでいて下さってかまいませんから」とレシートを私に出します。そこにはチップの事も書いてあります。

 私は瞬間的にこのチップ制度のことを考えました。つまり、ぼくがビール2本飲んだきり、帰らないので自分の退勤時間でチップを要求しているのだなあと。
 私は快く、20.94ドルの請求に対して25ドルを彼に渡しました。写真はその時のレシートです。その末尾にはちゃんと日本語で“要求”しています。

 私は決して不快感など持つことなしに、しかし このようなレシートは世界中でハワイでしか見たことがないと思います。
 チップ制度がない日本人には、これが一番の“明朗会計”なのだと思って微笑とともに見ています。

 ところが、ここではその続きがあります。

 翌朝、朝食券を持って、同じレストランに行くと、昨日のボーイさんがいて、私の顔を見るなり

 「Good morning シダサン」と言います。

 えっ、どこで私の名前を知ったの?
確かに朝食券を入口で出した時に、毎回ホテルのルームナンバーを聞かれました。パソコンの画面で私の名前を確かめた上で席に案内しているのでしょう。

 私は「グッド モーニング」と笑いながら“旧知”のボーイさんに挨拶します。
 そこで、またスマホを出してフェイスブックに載せたいからと断って写真を撮らせてもらいます。

 501-4.jpg


 私が帰る時には、入口の通路のところで、レジ係のメイドさんを誘って3人で写真におさまってくれます。

 508-2.jpg

 メイドさんも、「えっ あなた達はFacebookのお友達だったの?」などと調子を合わせて、笑って写真に入ってくれます。
 私は、内心 昨日の5ドルのチップの効用かなあ なんて思って、笑いながら、私も「シー アゲイン レーター」(じゃあ、またねっ)と手を振って別れて帰りました(笑)

 チップは潤滑油でもありますね。



  


コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


世界物語(64)
  ハワイ 夕日ナイトクルーズは満員。
        私とChrista嬢は意気投合?(笑)


 405-3.jpg
 こちらが Christa 嬢です
 
 ハワイでの一晩は、大きな客船のナイトクルーズでディナーをと思っていたので、現地で予約して行って来ました。

 船 (スター オブ ホノルル号) は満員の盛況でした。やはり、日本人が多いようでした。

 ①
 こんな立派なクルーズ船です

 403-3.jpg
 ワイキキ沖を通ります

 407-2.jpg
 夕日が沈みます
 
 409-2.jpg

 419-2.jpg
 

 私たちの右隣のテーブルは、日本人の新婚さんでした。現地で挙式したと言っていました。
左隣は、日本人の中年の夫婦でした。この夫婦は向かい合った席で、ほとんど会話もせずに あまりに静かにしていましたので、何か訳ありなのかなとも思ったほどです。(実際、海外では日本人、外国人を問わず“ワケありそうなカップル”をよく目にします)
 
 さて、このようなレストラン形式のディナーには必ず、現地人の若い女性のメイドさんというか、コンパニオンさんという方が付いて、食事やお酒を運んだりしてくれます。

 私たちのテーブル付きは「Christa」(クリスタ)という若い女性です。陽気な現地人です。
 
 406-2.jpg
 Christaの名札です


 料理の内容は、海上のディナーということもあってか、ロブスターなど海洋風の料理でした。私は、白ワインを飲んでいました。飲み進むうちに、おかわりが欲しくなり、Christaを呼びました。
 
 ところが、ここで私は面白いことを考えました。
 実は 私はこの旅行に際して、事情があって 英語での少し“正確な会話”をする必要があるのではないかと考え、その時の会話の手助けの予備として、『翻訳機』を持って行きました。

 1
 すぐれものの翻訳機。とてもコンパクトです。

 例えば、「日本語×英語」を設定しておくと、こちらが日本語で話すと、すぐに英語に翻訳されて、画面に英語表示が出て、それがそのままネイティブな英語で発音されます。

 それを聞いてすぐ相手が英語で発声して返すと、画面に日本語が示され日本語で話されます。これらの一連の会話が瞬時に交わされる(ということになっている)スグレものです。

 私はChristaを呼んでこのしくみを簡単に説明した上で、はいスタートだよと合図をしてから会話を開始します。Christaは面白そうとばかりに笑って聞いています。


 「Christa 私は今、もう一杯の白ワインをオーダーします。持って来て下さい」

 ところが私の声は最近 ガラガラの上にかすれ声になっていて、まず、正確な日本語として表示されず、従って正しい英語にも発音されませんでした。

 しかし、それを聞いてすぐにChristaは急いで自分の理解で英語で応じますが、その結果 画面に翻訳表示された日本語は変に理屈っぽい表現になっていて、どうも最新式のスグレものも この私とChristaとの場合は、翻訳機として正確に機能しているとは言えないものでした。(翻訳機に欠点があるということではなく)
 
 私とChristaは 何?何?とした顔で、大いに笑ってしまいました。

 そこで私が思わず、目の前に空になっているワイングラスを指して Christaに 「アナザーワン、プリーズ」(同じものをもう一杯ねっ) と言うとChristaは(翻訳機などを使用しないで)「それを早く言えば良いのに」と大笑いしました。
 
 そんなことで、私とChristaはその場ですっかり盛り上がってしまいました。
 
 南国育ちで情感をあらわに表現するChristaは私の肩を抱いたり、頬をくっつけてきたり。私は家内や隣席の日本人を気にして困惑しきりでした。(どうです この時の顔を見て下さい)笑

 435-2.jpg
 
 さらに、食事や飲酒が進み後半になってくると、主催者のその場の演出で新婚さんが前に出されて、並ばされて、祝福や紹介をされたり、和やかにその場が進行されて、いっそう賑やかになります。

 422-2.jpg 
 451-2.jpg
 ディナー会場の様子

 
 その時、私はそっと「Christa 聞いていいですか。あなたは独身ですか?」と言うと、「YES!」とChristaはとっても嬉しそうに にっこりして答えました。
 
 その様子からして私は、実は、Christaはとうに結婚していて、子供の2人くらいはいるのではないか。ことさら嬉しそうにしたのは きっと「私 そんなに若く見えるかしら、嬉しいわ」という意味ではないかと内心思ったものでした(笑)




※ 参考までに、昔のブログからパリのセーヌ川 ディナークルーズの様子も入れておきます。
 http://jyouyoukairijicyou.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。