日本物語(15)
  クルーズトレイン ななつ星 in 九州

 
 01
  ななつ星 最後尾車両からの写真です
    0

 上記の〝ななつ星〟に参加して来ましたので、それを書いてみたいと思います。
 応募する人が多いらしく、何回も 何回も 応募して ようやく〝当たり〟ました。

 実質3泊4日ですが、JP博多駅を「出発 到着」としていますから、新潟からの参加ですと飛行機の時間の関係で、前泊と後泊をする必要があります。
 私はまず「出発」前日の最も遅い便で福岡空港に行き、そして「到着」翌日の最も早い便で福岡空港から帰りました。
 言ってみれば〝5泊4日〟の旅でした。

 私には、実はこのような車内宿泊付き〝列車の旅〟には憧れの典型があります。

 それはアガサ・クリスティの有名な推理小説『オリエント急行 殺人事件』の「オリエント急行」です。
 私は若い頃、推理小説が好きになり、内外の有名作家の作品をたくさん読みました。

 その中でもアガサ・クリスティは「推理小説の女王」と呼ばれるだけあって、独特で個性的な味わいのある、推理の思考と展開が気に入って おおいにファンになりました。

 話が拡散するようで恐縮ですが、実は 私は同じアガサ・クリスティの作品で これも有名な『ナイルに死す』の映画を見て、小説も読んでピラミッドとナイル川クルーズに〝憧れて〟エジプトに一人で旅行したことがあったほどでした。

 さらには数年前には、ふとパンフレットで見た、東洋版オリエント急行 その名も〝オリエンタル オリエント急行〟というのがあって、それがシンガポールからバンコクまでの「2泊3日」と聞いて〝衝動的〟に行って来たこともありました。


 さて、話をこの〝ななつ星〟に戻しますと、これは12両くらいの列車で個室タイプの客室に1~2名で宿泊しながら、ほぼ九州を1周するような形で、九州各地の観光などをします。
ツアー客の総勢は30人くらいのようです。夫婦が多く、他に親子、友人同士、1人客もいました。

  02
    博多駅に〝ななつ星〟が入線してくるところです

  03
    車体はだいたいこんな風です

  04
    車体のマークです


 客室は幅の狭いベッド2つと机、小さなクローゼットでだいたい6帖くらい。引き戸を開けると 隣はコンパクトな洗面とトイレ、半帖くらいの狭いシャワールームがついています。
 客室の室内は、特に〝豪華〟でもなく、広さはせいぜい昔の下宿屋くらいでしょうか。
ここで〝寝起き〟するわけです。

 食事の時は、〝食堂車〟に行きます。ここはちょっとした窓に飾りがついていたり、室内は〝豪華風〟な装いになっています。

  05
   列車内のレストランです


 朝食、昼食は〝カジュアルウェア〟となっていますが、夕食(ディナー)は、男性はスーツにネクタイなどが求められ、女性はそれに準じた服装となっています。

  06
    最初の日の ディナーの〝先付け〟です


 3泊4日のすべての時間を列車の中にいるわけではなく、日中は下車して見学したり、夜も1泊は外で泊まります。
私たちは2日目の晩に湯布院温泉の有名な旅館に泊まりました。

  07
    途中下車の湯布院岳です

  08
    途中下車の青島神社です

  09
    青島神社内です

  010
    ある日の昼食の一部です

  011
    途中下車をすると このような専用バスで移動します

  012
    阿蘇山 草千里です


 全体的なこの旅行の感想は、主催者側の熱心さと細やかな〝おもてなし〟につきると思います。
 
 九州に複数回行った人であれば、各地の風景は それほど珍しいものではありませんから、特別感動するほどのものではありません。

 まあ、一度は体験したほうが良いとは思いますが、私としては もう一度体験しようと思うほどではありませんでした。
スポンサーサイト



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


日本物語(14)
  宝くじに当選祈願!
     高島 「宝当(ほうとう)神社」

 昔、宝くじを購入した人が神社名にあやかり、この神社に当選を祈願したところ、みごと高額当選を果しました。そこで「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」という評判が立つようになったそうです。
 この島に行くには、九州の唐津から高島という島に船で渡ります。
縁起の良い島だと上陸すれば、すぐわかります。

   1
    宝当(ほうとう)神社のある「高島(たかしま)」です

 最初に行ったお土産物屋さんに入ると、百万円の札束がドンと山積みされているのです。

   2
    こんなふうに百万円束が積んで売ってあります
      
 百万円の束がなんと千円で売っています。
   3
    どれでも百万円束が1個千円だよ

 私は欲張って百万円束を3個 三千円で買ってきました。
 その時は、とっても儲かった気分でした(笑)
 ちなみに神社の前の宝くじ店で本物の宝くじを買いましたが、高額当選券は1枚もありませんでした。残念!(笑)

   4

   5
    私が買った三百万円束と「御縁袋」と「お守り」です





コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


日本物語(13)
 大宰府天満宮にトンデモ絵馬?

 大宰府天満宮と言えば、日本人なら誰知らぬ者はありません「学問の神様」菅原道真公をお祀りしている神社です。
 「学問・至誠(しせい)・厄(やく)除けの神様」として広く国民のあまねく崇敬(すうけい:あがめうやまうこと)を集め、年間700万人もの参拝者が訪れるといいます。
  1
   ご神殿です

  2
   こち吹かば・・・の梅の木です

 当然、受験生たちが入学祈願に押し寄せて、絵馬を奉納したりします。
 絵馬掛け所には、ビッシリとたくさんの絵馬が掛けられています。
  4
   絵馬掛け所です

 さて、時代が変わればなんとやら・・・。私はそこでトンデモ絵馬?を発見したのです(笑)
  3
   な・な・なんだコレは!

  5
   ちょっとちょっと、こんなにたくさん願い事をして天神様だってお困りだよ

 まあ、私としてはその分、身を清めて参拝してまいりました。
 ちなみに私のいただいた おみくじは、かしこくもありがたくもいみじくも なんと「大吉」でした(笑)
    6
      おみくじの画像をクリックすると大きく見えます





コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


日本物語(12)  「軍艦島」 観光

 先日、長崎に行き軍艦島に上陸して見聞して来ました。
 実は、軍艦島について、いろいろ書こうとするとものすごく長い文章になるので、省略します。(みなさんがご存知のとおりです)
 ただ、ひとつ特筆すべきことは、この島に上陸するには「軍艦島コンシェルジュ」のガイドさんが案内してくれますが、とっても感動的な説明をしてくれます。
 思わず涙々の場面もあります。
 ちなみに私たちのガイドさんは森山理保子さんという人でした。
 どうぞみなさんも行って見て、聞いてみてください。

  1
   クルーズ船

  2
   見学の人たち

  3
   廃墟 ( 立っているのはコンシェルジュのスタッフです)

  4
   廃墟

  5
   廃墟

  6
   廃墟を見ています

  7
   これが海に浮かぶ軍艦島

  8






コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


日本物語⑪
 一度は行ってみたい? 沖縄 美ら海水族館 

 那覇からあまりにも遠く、ほぼ一日がかりになるので、まだ美ら海水族館には行ったことがありませんでした。
 今回は2日目の日が朝から大雨でしたので、タクシーを仕立てて行ってみました。
 ガイドブックにあるとおり、なかなか立派なものでした。
 百聞は一見にしかず、写真でお見せします。

  1
   かなり混んでいました
 
  2
   エイが飛行機が飛ぶようにして泳いでいました
 
  3
   大きい!
  
  4
   これも大きい!
 
  5
   小さそうに見えますが 小魚ではありません。
 
  6
   魚を見ているのか魚に見られているのか
 
  7
   回遊魚です。休みません。休むと死ぬそうです。
 
  8
   一団になって泳いでいます。 
         (まだ写真はたくさんあるのですが良く撮れていませんでした)




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp