人は大きく、己は小さく、心は丸く、
          腹はたてずに、気は長く  
               ・・・ござれや花火の夜に
 


               0827理事長ブログ0827理事長ブログ3




 8月25日(土)は、松浜ござれや花火の日でした。

 花火は夜7時30分からあがって、9時頃終わります。

 私は当日、新潟市内で会議があり、その後懇親会にも出席して帰り

ました。

 車で行ったので、代行車で家に向かいました。

 私の家はちょうど花火のあがる松浜の対岸にあります。

 私の車がちょうど私の家の近くに来ると、最後の花火があがり、花

火大会は終了したようです。

 すると、たくさんの車が一斉に、一日市インター方向に殺到するよう

に、私の家の方からやってきます。

 私は最初、花火帰りの人たちとは交通的には反対方向に進むの

で、こちらの進行する道路はすいていて簡単に家に帰れるものと思っ

ていました。

 ところが、実際に家に近付こうとすると、いつもの道路に不法駐車

や、マナーを守らず、我先にと帰路を急ぐ花火帰りの車の群れに妨害

されて、私の車は1mも進むことができません。

 多勢に無勢、どうすることもできなく、私の車は立ち往生です。

 私は、お酒に多少酔っていたせいもあったのでしょう、怒りがこみ上

げてきました。

 花火を見るために他人の住居近くまで来たなら、その周辺の住人に

迷惑をかけるな、主催者側も係員などを出して、もっと交通整備をした

らどうなんだ、住民の一人である私が、帰るに帰れないなんて言語道

断だと、腹を立てたのです。

 私にしたら、ここは私の町内だと思うせいもあって、大声をあげて、

交通整理を一人ででもやってやりたくもなりました。

でも、かなり時間を要しましたが、少しでもすいた空間を見つけて、代

行会社の人がうまく運転して家に帰ることができました。

 私は家に帰ると酔いもあって、そのまま寝てしまいました。

 ところが夜中に目が覚めるとやはり冷静になっていました。

 自分の住居のあたりで、たまによそから花火見学に来た人たちにも

う少し理解をしてやれば良かったのに、と昨夜怒りをあらわにしたこと

が反省させられました。

 そこでふっと頭に浮かんだのが、私が社会に出た時に先輩から教え

られた「処世訓」(しょせいくん:社会生活をしてゆく上に役立つ教え)

でした。

 それが、ここに写真で掲載した、

「人は大きく、己は小さく、心は丸く、腹はたてずに、気は長く」です。

 やはり、先輩は良いことを教えてくれたものだと、つくづく思いました。



      0827理事長ブログ花火
      ござれや花火です

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp