世界歴史 物語⑥ 
    「平成」をさらに解説すると・・・


 前回のブログで 平成の年号は、戦争のあった「昭和」から平和を願

って中国の古典から選ばれたのでしょう、と「簡単」に書きましたが、こ

れは「簡単」すぎました。

 今、私が急いでここに加筆する理由は、今日的な、国内、国外の情

勢が、司馬遷が書いた「平成」の意味の中に内包されているからで

す。

 つまり、国際感覚のとらえ方は、司馬遷が史記を著(あらわ)した、

今から2100年も前と、また、舜帝がいた時代とされる5000年前(推

定)時代とそれほど違わないのです。

 「平成(内平外成)」の「内(うち)平(たい)らかにして 外(そと)

成(な)る」は、国内が平定されて、内輪もめなどがなければ、国力が

充実して、国威(こくい:国の威光)が高揚(こうよう:気分、精神が高ま

ること)し、その結果、国外の勢力もそれを畏布(いふ:かしこまってお

それること)し、国外において武力を用いることもなく、友好関係が達

成される、というものだとしているのです。

 つまり、「内憂外患」とは正反対にある言葉です。

 この「平成」を年号に決めた 竹下内閣の頃は、日本はGNP世界

第二位の立場で、国力が充実し、国際的にも諸外国から注目を受け

ていました。

 すなわち、日本の「国威」が世界に認められていました。

 また、日本もそのような世界的世論の中で、世界の国々から期待も

され、自信を持っていた時代でした。

 そのような時代の中で、「平成」は年号となったのです。

 しかるに、今はまったく逆の時代といってよいでしょう。

 前回も書いたように、国内の諸問題の停滞、政治の混迷。

 国外にあってはそれを見越しての外国、とりわけ隣国からの外交な

きがごときの「攻撃」。

 まったく、「平成」命名の志や、気概、願いはどこへ行ったと、嘆くべく

ことだと言いたいのです。

 私はこのブログで政治的なことを言うつもりではありません。

 強いて言えば、私の世相論です。



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp