世界物語21 北朝鮮(Ⅳ)
  ピョンヤンの地下鉄はとっても豪奢(ごうしゃ)。
                   核シェルターにも?


 「日朝友好の翼」と銘うった北朝鮮旅行は、企画したのは日本の旅行社でしたが、北朝鮮国内の観光プログラムは北朝鮮の旅行社?が担当したようでした。
 というのは、観光プログラムの中に日本人なら想像しないような所が入っていたからです。
 それは、地下鉄見学やデパート見学などです。私は、なんで地下鉄やデパートなんか見せるんだいという気持ちがしました。
 ともかく連れられて行ってみると、この国ならではの「特徴」があって、日本人の私には「新発見」というべきものでした。
 ピョンヤンの地下鉄は、とっても地底に深いのです。
 上野駅の新幹線ホームは地下5階くらいあるといいますが、ピョンヤンの地下鉄はこの10倍くらいはあろうかと思うほどエスカレーターで一気に下がります。
地下鉄の駅のホームに至ると、そこは別天地のようになっていて、ある駅はホームの全体がシャンデリアで飾られて?あります。
     理事長ブログ
     理事長ブログ
     理事長ブログ
      シャンデリアの駅です
 またある駅は、壁がモザイク絵画で飾られて?あります。
電車がホームから出発すると、向こう側の壁に、かなりきれいで立派なモザイク壁画が現れるのです。
 きれいな花をあしらった風景画でした。
     理事長ブログ
     理事長ブログ
     理事長ブログ
      壁画の駅です 
 実際に地下鉄にも一駅乗せてもらいました。料金はどこまで行っても、日本円で5円くらいであったかと聞きました。
 ピョンヤンの地下鉄は単純です。
 それほど長くない直線一本だったかT字に交わっている2本かだと地図に出ていました。
 あまりに深いのと、立派な駅ホームなので、有事の時には地下核シェルターになるのではないかと同行の誰かが言っていましたが、そうかなと納得するくらいの感じがありました。




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp