音楽のある 「特養ホーム」 (ソフィア輝)


 私のいる特別養護老人ホームソフィア輝では、日中の間は音楽が流

れています。

 今は懐メロ歌謡曲です。

 春日八郎 「お富さん」 「別れの一本杉」、 三橋美智也 「哀愁列車」、

美空ひばり 「越後獅子の唄」 「リンゴ追分」 などなど・・・・・

 また、「青い山脈」 「テネシーワルツ」(英語版) などもかかります。

 その他、歌はわかっても題名のわからないものたくさんあります。

 いずれも 「名曲」 とされるものですから、好き嫌いなく懐かしく聞く

ことができます。

 よく、初めて来られるお客様から、玄関を入ると音楽が流れている

ので 「びっくりしました」 とか 「雰囲気いいですね」 とか、ご入居の皆

さまが 「楽しんでいらっしゃるでしょうね」 とか言われます。

 どうやって選曲をしているのですか とも聞かれることがありますが、

これは 「有線放送」 です。

 ですから、選曲はたくさんできます。

 いろいろなジャンルのものが流せると思います。

 ただ、ご入居の皆さまが全員楽しんでいられるかと言うと 必ずしも

そうではありません。

 もう、歌声など耳に入らない方々もいらっしゃいますし、無関心の

方、また放送を流していないユニットなどもあります。

 聞く、聞かない、音量なども自由です。

 私は館内が「無音」であるよりは、なにかしらの音楽が流れていた

方が良いと思いますし、聞くともなしに聞こえていることも良いことだ

と思います。

 もちろん理事長の私の執務室にも流れています。

 私は、通常は、音量を 大 にしています。

 懐メロは私にとっても懐かしのメロディーなので、癒される気持ちに

なることが多いのです。

 私は、音量が 大 でも、何かの仕事を始めたり、書類に目を通したり

すると、その瞬間から音楽は聞こえなくなってしまうという 「特技」 が

ありますから、私の執務に差し支えることはありません。

 実は、この懐メロ有線を一番楽しんでいるのは私なのかなぁ、と思っ

たりしています(笑)



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp