世界物語32
  豊かな北欧3国でも意外で厳しい現実
              温かい食事は一日一回。



先日 新聞で世界の国々の中で実質的に経済的に豊かで住みやすい国はどこでしょうというような記事で 各国のランクが出ていました。
それによると ノルウェイ デンマークなどの北欧の国が上位を占めていました。
日本などはずっと下でした。
そこで・・・・
 数年前に介護研修旅行としてデンマークに行った時のことでした。
 朝から忙しくバスで介護施設を回って訪問研修していたある日、時間の都合で、昼食は途中の見晴らしの良い公園で食べることになりました。
 バスから降りる時、弁当としてラップで包んだサンドイッチと缶コーヒーを持たされました。
 秋も深まった少し寒い公園のベンチに座って、それを一行のみんなで食べました。
 かなり高い旅行代金を考慮するとちょっと貧しい昼食だと思いました。
 でも現地の旅行会社の人やガイドさんは当たり前のような顔をして食べています。
 私たちの一行の誰かが、やはりそれを指摘したのでしょうか。帰りのバスの中で現地ガイドさんが説明してくれました。
 この国では、(北欧ではどの国も同じようです)温かい食事をとることは一般的には、三度の食事のうち夕食か昼食か一回ですといいます。
 ホームパーティーはよく開かれて「お呼ばれ」するそうですが、夕食か休日の昼食だそうです。
 さすがにホームパーティーでは温かい料理が出るそうですが、それは、この国の食事の事情が前提になっているということです。
 三度三度、毎回温かい食事が当然のようになっている日本人としては豊かな北欧の厳しい一面を見たような気持になりました。


    1
      Wikipediaより デンマークの「チボリ公園」 
 
    2
      Wikipediaより ノルウェーの「ヴィーゲラン彫刻公園」




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp