薫風に泳ぐ鯉のぼりたち
       -ケアハウス リバーサイド輝



 5月の爽やかな風に乗って30匹ほどの鯉のぼりが横二列になって

盛んに泳いでいます。

 ケアハウス リバーサイド輝では、毎年この時期になると5階屋上に

ロープを張って、大空に 「鯉」 を泳がせます。

 ロープを張るのは、素人の職員では危険なので、専門の業者さんを

頼みます。

 「鯉」 は、頂いたものや借りてきたものです。

 併設のデイサービスのご利用者様や隣接の特養ソフィア輝のご入

居者様などにも晴々しいと喜ばれています。

 実は職員も楽しんでいるようです。

 昔、私の家に男の子が生まれた時、友人で新潟一の日野屋玩具店

に行って、一番大きな鯉のぼりを買って来て、10m余もある長い竹竿

を庭に建てて、毎年田植え時期に上げていました。

 遠くの田んぼから見ると、ことのほか晴れやかで頼もしく見えたもの

でした。

 私の家ではその後、男の子が2人生まれ、合計3人になりましたが、

女の子は生まれませんでした。そのため、女の子用のお雛様は買わ

なくても良かったので、結果的には、特大の鯉のぼりは3人で 「共用」

することになり、その点経済的でした。

 昨今では狭い住宅事情などで鯉のぼりも雛飾りも 「省略」 されてい

るような風潮があるように感じられ、寂しい思いがします。

 もっと日本の伝統的な文化を見直してほしいものです。

 ちなみに私などは年齢的な面もあるかもしれませんが、とてもトラ

ディショナル(traditional)です。

 お正月三箇日には羽織袴で、夏には浴衣姿でと過ごしています。

 浴衣姿でビアガーデンに行くと、ひときわ涼しく、そして美味しくビ

ールが飲めるのです(笑)



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp