緊急手術! 麻酔なしで!! 


 この休日、東京に行っていました。

 そこで大変なことがありました。

 街を一人で歩いていると、急に腹部に激痛が走りました。

 うずくまって痛みに耐えていると、誰かが救急車を呼んでくれたの

か、サイレンの音が近づいてきました。

 そのまま、救急車に乗せられ、気付いた時には手術室なのでしょう

か、手術用のベッドに全裸で乗せられて、薄い白い布が腹のあたりに

かけられています。

 手術室のライトがまぶしく、仰向けの私を照らしています。

 医師と女性の看護師さんが立っています。

 連休中だから人員が少ないのだと、その時、思いました。

 医師が私に言います。

 「これから緊急に手術することになりました。すぐ執刀します。

  それから、当病院では、後遺症や副作用が残りますので麻酔は

  しないことになっています。」

 「えっ、でも、それだと痛いでしょう?」 と、私。

 「ええ、みなさん痛がりますね。」 と、医師。

 「でも・・・・・。僕は痛いのは・・・、ちょ、ちょっと・・・・・・・。」

 「大丈夫ですよ。みなさん、すぐ気を失ってしまいますから。」

 「ええっ、そ、そんな~ぁ・・・・・・・。」

 無表情の看護師がさっと白い布をめくって、腹部を露出させます。

 間髪を入れず、医師がメスを上から突き立てます。

 私は、思わず 「ギャーッ」 と叫び声を上げてしまいました。


     ・・・と、その時、私は目が覚めました。

     夢だったのです!!

     ああ~、よかった~あ

     あのメスで刺される前に目が覚めて!!(笑)(笑)



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp