常陽会 天野先生、藤川先生に褒められる
                  きなせや職員たち


   1
    勉強風景
   2
    勉強風景

 昨日に続いて今日も天野、藤川両先生のご講義は続けられました。
 今日は私が所用があって出かけていました。
 2時頃帰って勉強会をのぞくと、ちょうど「小規模リーダー・サブリーダー勉強会」がたけなわの時でした。
  3
    勉強風景
  4
    勉強風景

 ちなみに「小規模」というのは「小規模多機能型居宅介護」事業のことで、常陽会ではブランド名を「きなせや」とし、これをきなせやシリーズとして、現在 新潟市内で12ケ所、今冬12月には関屋、柳島の2ケ所がオープンしますから合計14ケ所になります。
これにより 登録人数の合計は350人となります。これは100人規模の特養の3個半分に相当します。
 一市町村、あるいは一県の中で一事業者として、14ケ所の「小規模」を経営するのはおそらく、全国で常陽会が他の追随を許さないほどのトップだろうと両先生は言っておられました。
 常陽会では、これに「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」を組み合わせて、これを「オードヴィーシリーズ」として合計6ケ所運営することになります。
 これも特殊なことになります。
 「介護」は、これからどんどん新しいサービスの形を求めて発展していきます。
 常陽会もさらに勉強して、介護を必要とされる高齢者の皆様から「当てにされる」事業者になりたいと励んでいきたいと思います。
 今日は私が「日本一」と尊敬する業界の「カリスマ指導者」天野先生、藤川先生からお褒めのお言葉を職員たちがいただく場面もありました。
 理事長として嬉しいかぎりでした。




 

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp