世界物語(39)
 史上最強の怪物 スフィンクスのなぞ?

  1


 オーストリアの首都 ウィーンにあるベルヴェデーレ宮殿に行くと写真のような「スフィンクス」があります。
 この「スフィンクス」は、ギリシャ神話で胸から上は女、下はライオンで翼を持った怪物とあります。
 私が家族と行ったのは、今から23年位前のことでした。

   3

   2

 その時のガイドさんの話では、「みなさん、これが『史上最強の動物』とされています。その理由は、人間の女にライオンの体と、鳥の翼を与えたら、これほど強い動物はいません。みなさんわかりますよね」な~んて、笑いながら説明していました。
 さらに言うことには、大昔、エジプトのあたりに現れて旅人に「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足で歩く生き物は何か?」という謎をかけて、答えられない者は殺していたそうです。
 さて、このブログを見ておられるみなさんは、この謎かけが解けますか?
 答えをすぐ言いましょう。

 それは、人間です。
 朝(幼児期)は、ハイハイをしている時は四本足と言えます。昼(大きく成長した時)は、二本足で歩きます。夕(高齢期)には、杖をついて歩きますから三本足だというものです。


 ではみなさん、私からの「日本の謎かけ」です。
 足が六本、手が一本、目が三つ・・・これはさて何でしょう?

 これもすぐ答えを言いましょう。
 それは丹下左膳(たんげさぜん)が馬に乗った姿です。

 どうです、おわかりでしたか?
 おもしろいでしょう(笑)

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp