世界物語47
  「国際河川」- メコン川(メコン)


  1
   大自然の原始林の中を流れています

 みなさんは「国際河川」という名称をご存知ですか?
 飛行機の「国際線」と言ったら、飛行機が国から国へ、国をまたいで飛ぶ航空路を言う となりますよね。
 「国際河川」というのは、川が国から国へ、国を通過して流れる川を言うわけです。
 その典型的な国際河川としてメコン川があげられます。

    3
     メコン川 【Wikipediaより引用】
 
 実はメコン川の「メ」は、そもそも川を表す言葉なので、メコン川と言わずにメコンと言えばよいのだそうです。そのメコンは地図の上から見れば、チベット高原に源流を発し、中国、ミャンマー、ラオス、タイの国境、そしてカンボジア、ベトナムを通り南シナ海に達します。
 長さは4,000kmもあるそうです。日本列島の北端 宗谷から台湾あたりまでの距離となるでしょう。
 この度の旅行でタイに行く時、帰る時その上空を通過しました。
 飛行機は高度1万メートル、時速1,000kmですから写真のように見える川をあっという間に越えてしまいます。
 私が写真を撮ったのは、地図の下の部分の大きく曲がっているあたりだと思います。

  2
   あっと言う間に後ろに行ってしまいます

 それにしても、と思うことは、国際河川といっても川の方から見たら自分はただ悠然と流れているだけで、国境なんて知りませんから、国際河川の「国際」なんて意識はないはずでしょうね(笑)




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp