晩秋から初冬へ - わが家の庭


   1
    どうだんつつじが最後の輝を見せています

   2
    夜目にも際立つ最後のいのちでしょうか


 秋はもう終わりですね。
 やっぱり、今まで親しくしてきた人が別れて行くようで寂しさを感じます。
 かわりにもう冬が来ています。
 今日、気がつきました。もう冬の使者 さざんかが咲き始めているのです。
   4
    咲き始めたさざんかの花

 かと言えば、どういうわけでしょう。冬を思わせる寒い風の中にバラが一輪、あらたに花を咲かせました。
   5
    冬に咲いたバラ

 有無を言わせず望まない冬を迎えさせられる、このようなことは、生きとし生けるものの節理でしょうか。

   3
    落ち葉に埋る晩秋の庭


コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp