上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


日本歴史物語④
 邪馬台国 所在地論争(2)
  「邪馬台国」「卑弥呼」「倭」とは何だ?

 1
  Wikipediaより 「吉野ヶ里遺跡」

 「邪馬台国」も「卑弥呼」も「倭」も、その時代の中国人がそれぞれにつけた文字です。
 中国人には中華思想がありますから、周辺の人や国などを蔑視(べっし)しているせいでしょう。悪い字をあてているのが常のようです。
 総じて周辺、東西南北の異民族などを称して「東夷(とうい)、西戎(せいじゅう)、南蛮(なんばん)、北狄(ほくてき)」と言っていたようです。
 夷(い)も戎(じゅう)も蛮(ばん)も狄(てき)もひとつの「蔑称」です。
 民族の個称として例をあげれば「倭(わ)」や「鮮卑(せんぴ)」、「匈奴(きょうど)」などがあります。
 「倭」は、倭国(日本)倭人(日本人)などと使いますが、「背が丸く曲がって低い人を指す」とされる文字ですから、決して良い字ではないのです。
 「邪馬台国」は、日本人が「ヤマト」と言っていたのをカタカナ的に音からヤマトを「邪馬台」とし「国」を語尾につけたものでしょう。トの音に台をあてたもので、これを日本では日本読みで律義にも台をタイと発音しているのです。
 当時の日本人が自らを「ヤマタイ」と言ったものではなく「ヤマト」と言ったものを中国人が「邪馬台」と表記したものなのです。
 ちなみに中国語では、アメリカ(合衆国)をその発音のアクセントがメィにあることで、「美国」としています。(日本は同じような理由でも「米国」と表記しています。)
 美は中国語では「メィ」の発音がありますから、アメリカを良い字で「美国」と表記したのは、当時(18世紀)アメリカの台頭が大国で先進的な文化を持っている国として崇められたからでしょう。
 さて、前述したように「邪馬台国」は「ヤマト(国)」ですが、そのあて字は、やはり良いものではないのです。
 「邪」は「よこしまで、正道から外れてねじけている」という意味の文字です。「馬」は家畜であったり、戦車を引いたり人間のために労役をする道具でしかないものであるとの理解です。
 「台」は悪い文字ではありませんので、そこでこれがつくと国名らしく見えます。

 では、「卑弥呼」はどうでしょう。
 これも悪い字であることは、あらためて論ずるまでもないので 「卑弥呼」の漢字の解説は省略して、発音の「ヒミコ」についての解説を次のようにしましょう。
日本の古代において、天皇の男の子は「皇子」「親王」であって、「みこ」と呼ばれていました。
 同じく女子は「皇女」「内親王」で「ひめみこ」と呼ばれていました。
 この場合、個人の本当の名は呼ばれることはなく、仮に姉妹であれば上のひめみこ、下のひめみこなどと呼ばれます。後世の例ですが、源氏物語などに見られます、一般に名を明かさないのは呪詛(じゅそ:恨みに思う相手に災いが起こるように神仏に祈願すること)の対象になるとされたからです。
 ですから、「卑弥呼」は個人名ではなく、「実名」ではありません。
 そこで「ひめみこ」が中国人には「ひみこ」と聞かれ「卑弥呼」の文字があてられたと考えられます。
 ですから、「邪馬台」も「卑弥呼」も日本人がこの文字を使って自ら名乗ったり、書いたりした文字ではなく、当時の中国人が「まことに勝手ながら」つけた「当て文字」なのです。
 このように考えて、「邪馬台国」は「ヤマト(国)」であり、(この例で言うと例えば 日本の政府専用機の機体には「日本国」と大書されています)
さらに「卑弥呼」は「ひめみこ」であるとすれば、これはすなわち、そのすぐ後の時代の「大和王権」や「大和朝廷」の前身を示唆するものとして、「邪馬台国(ヤマト)」の所在地が畿内(奈良県あたり)とする説が有力となるものです。
 このようなことからも私の畿内説は、じゅうぶん説得力を得てくるものとなるのです。

   2
    復元された卑弥呼像



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。