上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


世界物語53
 バルセロナのコロンブスの塔の
  コロンブス像はどっちを指さしているか?



 スペインを旅行していると、あちこちの町でコロンブスの像や彼にちなんだものを見たり、聞いたりします。
 コロンブスはイタリアのジェノバの人なのですが、新大陸(アメリカ)を発見して膨大な富をスペインにもたらしたことで、スペインの各地で彼は「記念」されているようです。
 ちなみに、1992年のバルセロナオリンピックは、コロンブスの新大陸発見(1492年)から500年後のメモリアルな年でした。
 今回東京と争ったスペインの開催地は首都のマドリードでしたが、スペイン最初のオリンピックがコロンブスの新大陸発見に一番関係深いバルセロナであったのは、やはりコロンブスに由来しているのではないかと思われます。
 現に彼を記念して、彼が新大陸から戻った港 バルセロナ港の広場にコロンブスの塔は建てられています。
 その塔は、高さ60mもあって、コロンブスの立像は7.5mもあるそうです。



  1
   コロンブス記念塔 (トリップアドバイザー提供)

  2
   コロンブス記念塔 (トリップアドバイザー提供)

  3
   コロンブス記念塔 (トリップアドバイザー提供) から見たバルセロナの港

 それを下から見上げると、コロンブスは右手で東方(港、地中海)を指さし、左手には、よく見えませんが実はアメリカのパイプを持っているのだそうです。
 さて、この像の下で観光客たちは必ず次のような「議論」をするそうです。
 「コロンブスは自らが発見した新大陸を指さしているというが、よく見れば、新大陸は西方(大西洋)にあるのに、彼が指さしているのは反対の東方ではないか。これはこの塔を建てた人が間違ったのだ」とか「いや、いいんだ。ともかく海から来たのだから、目の前の海は地中海なんだから、地中海(東方)を指さしていていいんじゃないか」とかと議論するそうです。
 実は私たち一行もそんなことをやっぱり言いあっていました(笑)



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。