上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


新印象派展   東京都美術館  (修正再掲出)


 「新印象派-光と色のドラマ」として、東京上野の東京都美術館で催行されています。
 聞きなれた「印象派」と 聞き慣れない?「新印象派」とはどう違うのでしょう。
 説明文を引用すると、・・・・モネなどに代表される「印象派」は、揺れる水面や陽光のうつろいなど、自らの目に映る世界を描き出そうとし、それに相応しい様式を作り出しました。その明るい画面を作り出す様式を、「新印象派」は最新の光学や色彩理論を援用して発展させていきます。そして、目に見える世界をそのまま再現することよりも、色彩そのもののもつ表現力へと関心を移していき、20世紀初頭のフォーヴィスム誕生への源泉になりました・・・・とあります。
 そして、「新印象派」の画家としてスーラ、シニャックなどをあげています。

・・・・以上 さっぱりわかりませんね(笑)

フォーヴィスム [現代美術用語辞典より引用]
Fauvisme(仏)
「フォーヴィスム(野獣派)」は20世紀初頭の絵画運動のひとつである。1905年、パリで開催されたサロン・ドートンヌの一室は、若い画家たちによる激しい色彩表現が特徴的な絵画で埋め尽くされた。「フォーヴィスム」という名は、これを見た美術批評家のルイ・ヴォークセルが「野獣(フォーヴ、fauve)の檻の中にいるようだ」と発したことに由来する。



 ま、百聞は一見にしかず。
 ぜひ、展覧会に出かけてみましょう!


  1
   上野公園 東京都美術館

  2
   入口の表示板

  3
   玄関入口

  4
   館内の表示板



  1
   展覧会チラシです。 画像をクリックすると大きく見れます


  3
   ポール・シニャック≪髪を結う女≫

  2
   ジョルジュ・スーラ≪ポール=アン=ベッサンの外港、満潮≫



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。