世界物語(63)
 開放的なワイキキビーチのホテルレストランで出会った
        おちゃめな おばちゃまはfacebook通?


 149-2.jpg
 

 私は今年のお盆に急に思いついて、家内と2人ハワイに行って来ました。
 ワイキキの中心部にあるホテルに泊まりました。

 ホテルから朝食券が毎日分出ましたので、朝はそれを持ってホテルのレストランへ行きます。
 最初の朝はそれほど混んではいませんでした。
 ブッフェスタイルですから、テーブルに案内され席が決まったら自分で料理を取りに行きます。(ちなみに日本では よくバイキングと言いますが、これは和製英語なので海外では通じないとされます)

 私がさっさと一皿盛ってテーブルに置いて、次の皿を取りに行って、またテーブルに戻って来ると、私の先の料理の皿にプラスチック製の蓋がかぶされています。
 これは、しょっちゅうスズメが来て料理をついばむので、それを防止するためにレストランのスタッフが私の料理の皿にかぶせてくれたものだと私にはすぐわかりました。

 300-2.jpg
 料理の皿にかけられたプラスチック製の蓋

 301-2.jpg
 

 そこで、私が日本では珍しい光景なので、写真を撮っておこうとスマホを取り出したところ、その時です。
少し離れたテーブルに座っていた外国人旅行客と思しき1人のご婦人が私の所に来て言います。

 「このフタは何なの?」(もちろん英語で)笑

 私は、着いた翌日なのでまだ英語パターンに慣れていないせいもあって、しかもこんなふうに急に英語で話しかけられることも考えていませんでしたので、少しドギマギしましたが英語で答えます。
 
 「・・・鳥を防ぐためだと思いますが・・・」

 ご婦人は、たたみかけるようにさらに私に質問してきます。

 「そして、あなたはなぜ写真にそれを撮ろうとしているの?」

 よく欧米の小説に、何でも質問してくる少々“おせっかいな”おばさんが出てきますが、どうも“ねんだりこき”(新潟弁で、しつこく何度も聞いてくること)をちょっと連想しました。

 そこで私は、丁寧に「はい、私はこれを写真に撮ってフェイスブックにのせようと思っているのです」と言います。

 ところが、ご婦人は「??」という顔をします。

 どうも私の英語は通じなかったようです。


 でも私はすぐ気が付きました。
 「facebook」の発音が日本語的にアクセントがなく平坦であったためだと。

 よく『英会話』で言葉が通じなかったら、どこでもいいからアクセントを強く発音しなさい。と言われました。


 例えば≪どなると通じた マクドナルド≫だそうです(笑)

 
 そこで私は思い切って、【e】の発音を強く気合を入れて(笑) 

 「fa(´)cebook」と言い直しました。

 すると案の定「おお わかったわよ これでしょ」と自分のスマホを開いて facebookのアイコンを示して笑いながら言います。

 私も笑いながら「うん、それそれ」なんて同調をします。

 でも、私の英語がまったく堪能ではないと判断したのでしょう(笑) それ以上の質問と会話は諦めたように、自分のテーブルに帰って行きました。

 私はむしろ、やれやれと安堵しましたが、このご婦人が2人連れであったのに、もう1人のご婦人が料理を取りに行っていて、今 彼女が1人でいることをチャンスと見て、彼女のテーブルの近くまで行って「あなたも一緒にフェイスブックに載せたいと思うので、一枚写真を撮らせてくださいませんか」とカメラを向けますと、一瞬少し考える顔をしましたが、

 すぐに「いいわよ」と、とってもいい写真用の顔をしてくれました。
 302-2.jpg

 私は「サンキュー」とばかりにそれをカメラにおさめました。

 その後、私と家内が食事を続けていると、早く終わったこのご婦人たちが、わざわざ私たちのテーブルに近づいて、脇を通りしなに 

 「Have a nice day!」(良い一日をねっ)と言ってくれました。

 もちろん私は 「ユー ツー !」(あなたたちもねっ)と、これだけは慣れた風に?手を振って応じました(笑)


(楽しいハワイが始まるような予感がしました)



 ハワイの風景です。いいでしょ(笑)
 145-2.jpg

 164-2.jpg
 向こうにダイヤモンドヘッドが見えます

 183-2.jpg

 207-2.jpg

 200-2.jpg

 205-2.jpg

 地図
 【日本からハワイのホノルルまで】

※ 3年ぶりに理事長ブログを再開します。よろしくお願いします。
なお、記事はカテゴリごとに分類されています。
例えば「世界旅物語」を続けてご覧になる場合は、このカテゴリから入って記事の末尾にある Next≫ を続けていくと全部見ることができます。 







コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp