上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


名言至言(11)
 『学規』 “孤高独秀の歌人”
   ・・・ 会津 八一 (あいづ やいち)



  会津八一-1
   会津 八一(あいづ やいち)  ちょっと近寄り難い・・・。


 今から50年ほど前、私が高校生の頃 地元の新聞 新潟日報で、当時 新潟県出身で、各界で全国的に活躍している著名人100人を特集して紹介した「越佐人物記」(この名称は、今、 定かではありませんが)こんな連載記事が100日に渡って掲載されました。

 当時の私に特に印象に残ったのが、“孤高独秀の歌人”と題された会津八一の人物記事でした。

 会津八一は、越後新潟に生を受けて若い頃より厳しいほどに身を律し、ついに“前人未到”と言って良いほどの学識・芸術の域をつくりました。(特に歌人としては)
 秋艸道人(しゅうそうどうじん)は雅号。

 私が説明するより、一般的な会津八一の人物関係の記事を出しておきます。
  「Wikipediaより引用」  https://ja.wikipedia.org/wiki/会津八一


 その人となりは、自らを“傲岸不遜”(ごうがんふそん)と称したというほどで、一見しても とても気むずかしそうで 恐く近寄りがたい存在であったそうです。
 しかし、門下生たちに与えたとされる、また自らは自分を警(いまし)めるものと言う、学究生活の指針 『学規』が有名です。
 私が今読むと自らの厳しさの中に、実は人間の本質に対してとても優しい心づかいを内包した人物であったと思えるのです。


 005-2.jpg
  私の執務室の机の背後の壁には この 『学規』 が掲げられてあります

 学規とは-1
  どこからか『学規』の解説文が出てきてありましたので掲出しておきます
   【写真をクリックすると 大きく見ることができます】

 

 
 このような“巨人”が先輩として新潟にいたことに、私はとても誇りを感じます。

   1-1.jpg
    これは 会津八一記念館 が出版した本です


   2-1.jpg
    きびしい “学究の人”


   3-1.jpg
    笑顔は “豪放磊落(ごうほうらいらく)”・・・。

 
 次回は“孤高独秀”の域に達した歌人 会津八一 の作品を紹介してみたいと思います。 




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。