わが家の庭(44)
    桜花に異変。 落花 椿のごとし。


  ①

 なんとまあ、今年の春は 喜ばれもせず いつの間に来ていたものでしょうか。
 私はずっと コロナ禍で春の花々に心がいきませんでした。
 
 ようやく、この日曜日になって、久しぶりの天気の良さに 庭に降り立ち あたりを見まわせば、小寒い朝の空気に 咲くべき花は咲いているようです。

 しかし、異変があります。 
 花の盛りのうちから 桜の花が次々と散って 地面に敷いているのです。

 この原因は、名前はわかりませんが ツグミのような鳥が 数十羽も黒い網のようになって、わが家の門前にある桜の大樹に 襲(おそ)って来て、桜の花を食い散らしているのです。
 そのため桜は 花びらとして散らずに、椿のように花のまま散っています。

  1
  椿のように花のまま散っています
   ※すべての写真は、クリックすると 大きく ハッキリ見えます

  2
  たくさん もったいないくらいに散っています


 このギャングのような鳥どもは、乱暴、粗暴で花の蜜を吸う時に、花の咢(がく)を残したまま、花柄(かへい)を折っているようです。
 それでなくとも 桜花の命は儚(はかな)いのに、生きた首のまま折られ落とされるのは、まことに気の毒でかわいそうです。


 その他の庭の花々も写真に撮ってみました。

  3
   木瓜(ボケ)

  4
   雪椿

  5
   すいせん

  6
   こぶし

  7
   藪椿(やぶつばき) 

  8
   沈丁花(じんちょうげ)

  9
   名前のわからない花

  10
   雪柳(ゆきやなぎ)

  11
   連翹(れんぎょう)

  12
   名前のわからない花

  13
   白木蓮(はくもくれん)

  14
   和しゃくなげ

  15
   黄すいせん

  16
   かりんの蕾 

  17
   白椿

  18
   名前のわからない花

  19
   木蓮(もくれん)
 
  ②
   

 

コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp