「王様の耳はロバの耳」
          流れる風の声はネットの声



                      L065282.jpg


 ブログを始めて3ケ月、土日以外は休まず続けてこられたようです。

 その日、その日、書く材料(ネタ)に困るような時もありましたが、周

辺からの助言などをもらって、今日まできました。

 ここまできてみると、様々な「読者」からの反応が聞こえてくるように

なりました。

 特に職員の皆さんから、意見や相談などを直接もらうことがありま

す。

 これまでは、常陽会の「制度上」、理事長から、各施設長へ、各施設

長からリーダーや、各職員へという伝達方法でした。

 その場合は、例えば、川上、川中、川下へと、川幅がしだいに広が

っていくにしたがって、水の量も、増えていくことになりますから、この

方法ですと、川上では濃い1滴の理事長の意志が川中、川下へと流

れ、水が下流に流れるにつれて、薄くなっていき、まかり間違えば、味

までが最初の1滴の「エキス」から変質してしまうことがあります。

 しかし、今日では、ネットが使われることによって、前述したような

トップの意志が直接、組織の対象者全員に瞬時に、濃くも薄くもなく、

もともとのエキスのまま、伝わることになりました。

 そのせいか理事長の私が書いたブログを見て、その日の内に、職

員から意見をもらうことがよくあります。

 後日にしても、数人の職員が相談した上で、でしょうか、気軽に?理

事長の私に面談を求めて来ることもあります。

 結論として言えば、「理事長のブログ」は、理事長の私から職員のみ

なさんや、ご入居者様、ご利用者様、またそのご家族のみなさま、そ

して取引先や、その他世間の大勢のみなさまへ発信しているもので

すから、私以外の大勢の方々に平等に、直接に、向き合っている立場

にあります。

 ですから、私のブログ(私の意見)に何かお気づきのことがあった時

は、どなたであれ、「お気軽に」その「反応」をお寄せいただきたいの

です。

 それが例えば、内容的には常陽会の理想であったり、また、職員の

不満であったり、規則の改定に関することであったり、その他、相手先

においても、ご利用者様などからのもの、世間様からのもの、いろいろ

あることでしょう。

 私は、理事長として様々な場面で、他から指摘を受けた事柄につい

ては、きちんと対処していく所存です。

 現に今、いくつかの問題をこのブログの読者からいただいて、私自

身が勉強をしたり、また、関係者に検討させたりしているものもありま

す。

 今後は、ブログでいただいたご意見には、日を置かずしてブログで

お答えや説明をしていきたいと思っています。

 私のブログがネット上で、多くの人たちから「鍛えられる」ものである

なら、私はそれに「耐えて」このブログを続けることによって、常陽会が

世間に通用し、「アテに」される法人でありたいと願っています。

 世間の評判やうわさは自由なものです。

 自由な意見に真摯に応えていきますので、どうぞなんなりと「お申し

付け」下さいと、お願いいたします。

例え、それが「王様の耳はロバの耳」というものであったとしても(笑)




コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp