ボーナス支給に向けて ボーナス査定


 常陽会の夏のボーナスは7月13日支給です。

 今、そのボーナス査定に理事長の私はかなり神経質になっていま

す。

 その理由は、施設、事業所の数が多くなって、それにつれて職員の

数が増加していますが、なんとか全職員が平等な査定の基に、それ

ぞれの職員に満足か、満足に近い気持ちでボーナスを受け取っても

らいたいと思うからです。

 一応、ボーナス支給額の決定までの手順を言いますと、まず第一段

階として、各施設長や事業所の責任者のみなさんに現当している職

員全員のリストが配布されます。

 リストには、各職員のデータが記載されています。

 データとは、入職日や、役職や、年齢や、前回支給額や、基本支給

額(給料の1.5月分)など、いくつかの査定のための必要項が載ってい

ます。

 それを参考にして、各施設長や事業所責任者が各職員ごとの支給

額を自ら査定した上で書き入れます。

 そして、その査定票を理事長の私に個々に所定日までに届出ます。

 第二段階として、理事長の私が、第一段階の査定に誤りや、見直し

点や、公平性があるかなどを点検します。

 理事長としては、主に次の点を留意します。

  ①第一段階での査定者たちの間に、評価の基準にバラつきはな

   いか。

  ②全施設、全職員が平等、公平に査定されているかどうか

 その上で、今度は理事長の私の立場で、各施設長や事業所責任者

など第一段階の査定者のみなさんを査定します。

 ボーナス査定で毎回私が思うことは、誰か神様のような、100%公

平な評価をしてくれる人はいないものかということです。

 神ならぬ身が行う査定に100%の公平性があるとは、とても断言で

きません。

 職員のみなさんにおいては、いろいろ不満なことはあると思われま

すが、特に一言、言わねばならないという人があれば、どうぞ、第一

段階の査定に関わった上司や、全責任を負っている理事長の私に意

見を述べて下さい。

 問題点を解決しながら、査定の精度を高めていたいと願っていま

す。



コメントのある方は下記の理事長のメールアドレスへお寄せください。
jyouyoukai2312-blog@yahoo.co.jp